今年の櫻が終わる頃、突然尋ねてきてくれたのは・・・

c0082800_23381406.jpg
c0082800_23381478.jpg
c0082800_23381366.jpg
M10&Summar5cm
「何言ってんだよ(笑)クマちゃんじゃないか!!!」
「あら~!」

玄関のチャイムが鳴って、カミさんが出ていく。
しばらくして「Aくんといってるんで、知り合いだと思うんですけど・・・」とカミさん。
ボクは数年前のOB会でTとはあっているのだが、
Tとカミさんが合うのは数十年ぶりだ。すぐにわからなかったのも無理はない。
ボクとTは同期で、同じ部活。カミさんとTは同じ学部の1年違いで部活は同じ。
そして、Tは僕たちの結婚披露宴の司会もしてくれた。
Tの奥様と会うのは初めて。
そういえば、彼が結婚する(した)とき、
「北海道は遠いし、会費制で、みんなに負担がかかるから呼ばなかった。」って。
けっこう気を遣うやつなんだ。

突然来て、突然帰ってゆくのも、学生時代と全く変わっていない。
そんなことを思いながら、札幌ナンバーの車が出ていくのを見送っていた。
クマちゃん、また会おうぜ。
皆でな(^_-)-☆



by yoshipass | 2018-04-16 23:37 | その他 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「櫻のころ」に撮る写真 201... ここにも平等に時間は流れている。 >>