鳥屋野潟に春・・・

今朝は少しだけ特別な感慨を持っていつものようにPassとともに鳥屋野潟のほとりを歩く。
もう、遠く過ぎ去った話だ。

返事のない手紙
1990、3、14・・・
 あなたが心から愛した越後平野にやっと春がやって来たというのに、私は宛名のない手紙を書かなくてはならなくなってしまいました。今年は、例年になく2月が暖かく、桜前線の北上も早そうです。
中略
あなたが遠く旅立ってしまった今も、いつものように春が来て、やがて、また黄金色に輝く越後平野の秋が、しんしんと墨絵のような冬が・・・巡り続けることでしょう。
中略
・・・こう考えると、独りぼっちで生まれて、独りぼっちで旅立っていく、ちいさな小さな人間でも、深く静かな悲しみの中から、ほんの少し生きていく勇気が沸いてくるのです。


ふと、昔の日記を読み返すと、同じような季節が巡っている。
c0082800_1759461.jpg

c0082800_1801738.jpg

c0082800_18132100.jpg

c0082800_1814889.jpg

c0082800_1835977.jpg

ことしも鳥屋野潟に春が来る・・・
風花のような雪の舞う、少し冷たい風の中で、あの頃の僕に戻り、図書館のうら、鳥屋野潟のほとりを歩きながら、公園を出て、今の自分に戻ってゆく。
今にも開きそうな赤いつぼみは、寒緋桜・・・この花が開き始めると次に彼岸桜が咲いて、一気に春。
by yoshipass | 2007-03-14 18:15 | 鳥屋野潟 | Comments(6)
Commented by nontan91 at 2007-03-14 22:44
なんだか今日は心なしか、写真も寂しげな感じが漂ってきます。
冷たい風ですけど、つぼみはちゃんと春の準備してるんですね。
土曜日、2時過ぎに市美術館に行こうかと思いますが、その時いかがですか?
なにかプリント持っていきましょうか?
Commented by yoshipass at 2007-03-14 22:55
nontan さん
こんばんは!
毎年、この時期、気持を切り替えることにしております。
今年は、つぼみのふくらみが、やはり今までの暖冬のせいでしょうか、
かなり早いように感じます。
もう少ししましたら、このブログも、鳥屋野潟春便り、桜便りになると思います。
土曜日の件了解です。楽しみにしています。
プリントも是非拝見したいです。よろしくお願いします。
では、私もなにかプリントを。
Commented at 2007-03-15 07:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by scottts at 2007-03-15 12:07
いや~しみじみとした思いにさせられる写真ですね。
Commented by yoshipass at 2007-03-15 17:14
鍵コメ さん
今日は・・・有難うございます。
やはり、だいぶ違うものですね。 
二人まったく良いのではないでしょうか(笑)
オカルト(?)のような話のほうが、怖い(笑)
これから、だんだんと春めきますね・・・
Commented by yoshipass at 2007-03-15 17:16
scottts さん
こんにちは!
有難うございます。そんなふに感じていただけるとほんとに嬉しいです。
これから、当地は春に向かって季節が動いていきます。
そんな写真が撮れたら・・・と思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 湊町四ノ町 純情通 NIIGATA eye >>