片鱗 #05

c0082800_22264136.jpg
c0082800_22264194.jpg
c0082800_22264030.jpg
c0082800_22264288.jpg
M10&Summicron35mm
おあつらえ向き、超ハイコントラストの朝だった。
晴れていて抜けがいいから写真日和なんて多くの人が言うが、
ボクは、早朝・薄暮の微光の時間の方が楽に撮れると思っている。
荒木曰く、「センチメンタルな時間帯は、誰が撮ってもいい写真になってしまうから、天才は撮らない」
森山・荒木の対談で、「写真はピーカン・順光・50mm(いや、標準だったかな?)」
天才・巨匠二人の言葉にボクもそう思うなんて不遜なことを言うつもりはないが、
リバーサルの時代から、案外条件が良い(といわれる)光の写真が失敗という経験が多かった。
ハイライトを飛ばさないようにすれば、暗部がつぶれ、
暗部を出せばハイライトがすっ飛ぶ・・・これは一般論に近いが(笑)
ボクの使っているボロレンズたちは、強い光の時、特に弱い。
しかし、このレンズメンテナンスのおかげで蘇ったと思う。
これもSUMMICRONの8枚玉の端くれ、本当に状態の良い伝説の8枚玉は知らないが、
今日の写りを見て、ボクには十分ってことが分かった。
プリントを作るのが本当に楽しみな描写だと思う。
Mさん、ありがとうね!!!




by yoshipass | 2017-12-07 22:47 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 片鱗 #06 片鱗 #04 >>