断捨離、あるいは再起動? #06

c0082800_20334052.jpg
c0082800_20334131.jpg
c0082800_20334168.jpg
10&S-ANGULON
いままで、このシリーズは8・9と使ってきた。

ボクの初めてのデジタルは、マニアックでRD1-s(エプソン)だった。
手持ちのレンズがやっと使えるというわけ。
しかし、ANGULONは物理的に使えなかった。
しばらくしてGXR(リコー)が出た。
これにはANGULONがついた。
しかし、使えたというだけのことだった(21mmにならない)。
結局、RD1-sにSWH(フォクトレンダー)をつけて使い倒した。
エプソンのサービスには何度か出したが、
その都度丁寧な対応をしていただいた。
当時、塗装もかなり剥げて「これだけ使っていただけると本望です」と
シャッターユニット交換の時、言っていただいた(笑)
そして、8を手にする。
何度目かの三人展のほぼ直前で、かなりの部分、セレクトも終わっていたが、
8で撮ってみて、考えが変わった。
独特の絵作りにこれだと思い、全てを差し替えた。
思い出せば、8はとんでもカメラで、確かに素晴らしい絵を出してくれたが、
作法が独特だった・・・UV/IRなるフィルターをつけなければ黒が出ない。
しかし、主力のSWH(ANGULONは21mmにならない)にはフィルターがつかない(笑)

それよりなにより、ANGULONは、21mmで初めてANGULONなのだ。
そして、待望の9を使う。ANGULONを使うためにといっても過言ではない。
しかし、このカメラ、相変わらずのお坊ちゃんカメラで、N潟程度の寒さでも、
バッテリーがねを上げる・・・バッテリー幾つ買ったと思う?先日数えて愕いた。
・・・カメラが買える!!!
そんな不肖のカメラでも、なんだかんだで20万カット以上撮っている。
基盤を取り換えた、CCDは、2度交換、シャッターも調整したが、ユニットは限界だ。
で、4カ月待って10が来た。
手持ちの9はもちろん、諸々、リュック一杯担いで、おまけに上納金を多少足してまかなった。
この際、ついでに断捨離。収納ケースはガラガラになった。

10はかなり改善されている。
今のところ、フリーズはしていない(笑)
バッテリーのもちはもかなり良くなった。
ただ、出てくる絵は以前より優等生。
さて、これからどう使うか。
プリントをどう作るか、
お楽しみはこれから(^_-)-☆




by yoshipass | 2017-11-10 21:29 | その他 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 冬が来る 断捨離、あるいは再起動? #05 >>