映画の記憶

c0082800_22160285.jpg
c0082800_22160295.jpg
c0082800_22160381.jpg
M9&Summaron f=3.5㎝ 1:3.5
実家から歩いて数分のところに映画館があった。
随分昔のことだが。
最初の映画の記憶は親父との記憶で、内容よりも
立錐の余地がない混雑と、空気の悪さ。
なんだか酸欠状態で家に帰るころには決まって頭痛がしていた。
親父は仕事で出張が多かったので、家を空けることが多く、
そんなに親子で触れ合った記憶もないのだが、
どういうわけか映画には連れて行ってくれた。
途中入場すると、後の方で肩車をして見せてくれ、
終わったところで席を確保し、それからおもむろに最初から見る。
親父とは大した話をした記憶もなく、随分前に逝ってしまったが、
この頃の肩車の記憶と感触は今も鮮明に残っている。


by yoshipass | 2017-08-08 22:43 | 万代シティ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 雨の足跡 熱帯夜に向かって暮れていった夕暮れ >>