展覧会を三箇所まわる。

c0082800_20123566.jpg
c0082800_20123643.jpg
c0082800_20123626.jpg
c0082800_20123692.jpg
☆デジタルフォト研究会「思い入れの」写真展
県民会館 1F展示コーナー 平成28年9月8日~14日
石井講座で知り合った若林氏が参加されている。
圧巻の「自撮り」最終到達点の「眼」、濁りの無い澄み切った水晶体(?)この発想はどこから来るんだろ!

☆第21回玉俊会 水墨画作品展
県民会館3階ギャラリーA 平成28年9月9日~14日
知り合いが中心的なメンバーの一人として何点も出展している。
鑑賞の作法は全く不調法なので、構図・トーン・省略(されているであろう)を勝手に思い描きつつ観る。
偶然でしょうが、デジタルフォト研究会のお一人がマッターホルン等撮られていました。
水墨画にもアイガーや、マッターホルンの作品があって、その対比も興味深かった

鈴木泰人さんの作品「色は、人。」(↑ 写真)
新潟市古町6番町フルマチ・アートスタジオ 作品展示期間 9/3(土)〜9/15(木) 12:00~20:00(入場無料)
ドアは開いているが、暗幕が下がっていて、入ってよいのか否かしばし迷ったが(笑)
・・・声をかけて入る。
ちょうど照明が落ちてきている時期で外から入った眼には暗転状態だった(笑)が・・・
目が慣れてきて、照明が(ランダムに)上がってくると美しい空間が出現する。
入ってみるのは少し躊躇うかもしれませんが、危険でも怖くもありませんから
勇気を出して入ってみることをお勧めします(^_-)-☆



by yoshipass | 2016-09-09 20:44 | 写真展 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 荒れる日本海、総踊り、お花畑・・・ 西日のころ >>