「絵屋」で写真家を無遠慮に撮る!

超多忙のピーク、3時間作って絵屋へ。
会田法行 渡辺英明 写真展「青き球へ」最終日
c0082800_23415337.jpg

c0082800_2342095.jpg

c0082800_2342514.jpg

c0082800_23421355.jpg

c0082800_23421787.jpg

c0082800_23421341.jpg

c0082800_2342188.jpg

c0082800_23422293.jpg

プロデューサーの石井さんと写真家の渡辺さんが在廊されている。
石井さんとは細江英公写真展のとき以来数回お目にかかっているが、写真家の渡辺英明氏とは初対面。
コダクロームを彷彿させる色調の絞った露出の写真は素敵だった。
相田さんの話題も出て盛り上がる(笑)ここで遭遇していたら過激なシンクロをしそうでやばい(笑)
石井さんのリクエストで、渡辺さんとの2ショットを撮って火がついたというのは多少大げさだが、
無遠慮に写真家の写真を21mmで接近する。
・・・とてもいい写真展だった。
もう少し広いスペースでファイルにあった写真もすべて額装で観たいとも思ったが、
絵屋のあの空間の雰囲気はそれでベストマッチングだったのかもとおもいつつ会場を出て下のほうへ。
何だかその気になって、時間を超過して下本町をひとまわり撮る。
by yoshipass | 2014-08-30 23:58 | 写真展 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 夏の終わりはまぶしい朝だった。 さあもう一度、写真の旅へ 05 >>